プリウスαで車中泊をする場合に必要なこと

プリウスαで車中泊をする時には、いくつか必要になることがあります。

この記事では、プライバシーの確保、マットの設置、断熱シェードの取り付けについて見ていきたいと思います。

プライバシーの確保

privacy

プリウスαで車中泊をする時には、まずはプライバシーの確保が必要です。

最も簡単にプライバシーを確保できる方法としては、遮光用のカーテンを取り付けることが望ましいです。

プリウスα用のカーテンがグッズとして販売されているため、しっかりと車にフィットした遮光カーテンを利用できます。

そのため、万全なプライバシーの確保ができるでしょう。

車中泊をする場合には、遮光カーテンはマストなアイテムとして挙げられます。

車内へのマットの設置

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多目的フロアマット プリウスα ZVW40/41用
価格:15000円(税込、送料別) (2018/6/29時点)

プリウスαで車中泊をしようとすると、車内で段差が生じて寝にくいと感じる人もいます。

そのため、車内で敷くためのマットを設置することがベストです。

低反発のマットが最も睡眠には適しているといわれているので、出来れば英反発マットを購入し、シートを倒した後に設置すると良いでしょう。

マットを敷くだけで、車中泊の感覚が全然変わります。

段差を気にせず車中泊したいと思う人は、このマットの設置は欠かせないことになるでしょう。

断熱シェードの取り付け

断熱効果のあるシェードを窓ガラスに取り付けることも、プリウスα内での車中泊では大事になります。

遮光と遮熱の両方を実現でき、車内を快適な温度に維持してくれます。

特に夏の暑い時期には、夜間でも気温が下がりにくくなります。

そのような際には、この遮光シェードを設置して、車内の温度が少しずつ下がるようにすると良いと思います。

快適に車中泊をする際には、シェードの設置も検討する余地はアリです。

まとめ

プリウスαの中で車中泊をしたいと思う人は複数いるかと思います。

実際に車中泊をする時には、色々なアイテムを使って快適に眠れるようにしましょするといいですね。

ここで紹介したアイテムは、車中泊を最大限に楽しめるものとなっています。

そのため、これらの製品を使いながら、プリウスαでいつでも車中泊のできるよう、環境を作ってみてはどうでしょうか。

外の人目を気にすることなく車中泊できる状況も作れるため、専用のアイテムを駆使することのメリットは大きくなります。
 

プリウスαを限界値引きから大幅値引きを勝ち取る方法

プリウスαは2011年の発売ですから既に発売から6年が経過する時期に来ています。

モデルチェンジも噂されていますが、プリウスも2015年年末にモデルチェンジを果たし、2017年2月にはプリウスPHVも発売開始になりましたので、新型プリウスαは、新型プリウス、プリウスPHVがベースになることは間違いないでしょう。

ただ、モデルチェンジされた場合は値引きは引き締められるのは避けられません。

しかし、モデル末期の現行プリウスαを購入した場合でも、新型プリウスαを購入する場合でも限界値引きから更に55万円以上安く購入することは可能ですがご存知でしょうか?

ご存知の方が多い一方で、ご存知ない方が多くいることも現実です。


具体的な方法は別記事で詳細に説明させて頂いています。

>>> 詳細記事はこちらから!


知っていれば、ほんの数分で出来ることなんですが。

この方法はプリウスαだけでなく、他の車種にでも有効な方法ですので一度目を通しておいても損はありませんよ。

 


 

>>>  目次ページに戻る


「プリウスα」関連記事
下記の「関連記事」欄でご覧になれます。

     ↓↓

new-02

コメントを残す

このページの先頭へ